概要

製品要覧

ゾーベックエニベル適用病害虫及び使用方法作物名適用病害虫名希釈倍数(倍)10アール当り使用液量使用時期本剤及びオキサチアピプロリンを含む農薬の総使用回数マンゼブを含む農薬の総使用回数使用方法トマトきゅうりぶどう疫病べと病晩腐病750100~300l200~700l収穫前日まで収穫45日前まで2回以内2回以内3回以内2回以内散布上手な使い方?栽培期間の前半に使用してください。防除の序盤に使用することで本剤の特徴である高い効果が発揮され耐性菌発達リスクを下げることが可能です。疫病・べと病の発生が予想される場合に予防的に使用してください。?7?10日後には次の疫病・べと病防除剤を散布してください。使用上の注意?使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。?石灰硫黄合剤、ボルドー液との混用はさけてください。?ボルドー液との7日以内の近接散布は、薬害を生じるおそれがあるのでさけてください。?散布液調製後はできるだけ速やかに散布してください。?蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。?使用液量は、対象作物の生育段階、栽培形態及び使用方法に合わせて調節してください。?ぶどうで使用する場合、果実肥大中期(あずき大)以降の散布においては、果粉の溶脱が生じることがあるので十分注意してください。?散布にあたっては、風向きなどに注意し、薬液が周辺の作物に飛散してかからないように十分注意してください。?過度の連用をさけ、可能な限り作用性の異なる薬剤やその他の防除手段を組み合わせて使用してください。?空容器、空袋等は圃場などに放置せず、水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。?本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けてください。?耐性菌管理の観点から育苗期間中は本剤を使用しないでください。安全使用上の注意?誤飲、誤食などのないよう注意してください。?本剤は皮膚に対して弱い刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意してください。付着した場80